ディープなネタバレ記事

日に焼けるまで2話のもっとディープなネタバレ記事

日に焼けるまで本編は画像↓をタッチ!



日に焼けるまで2話のもっとディープなネタバレ記事を書いていきます。

ディープなネタバレ記事ってなんぞ?ということですけど、通常のネタバレ記事よりもさらに濃いめに、臨場感が伝わるように書くため、ネタバレしすぎると本編読むときの楽しみが…と考えている方はスルーでお願いします。

あとディープなネタバレ記事は完結の8話まで読んだ後に書いているため、8話まで読んだからこそ出る感想なども書いています。

順を追ってネタバレが見たい方や、本編で少しづつ真相を知っていきたいと思っている方はお気をつけください!

逆に各シーンの管理人独自の解釈なども書いていくため、本編読んだ後に読んで頂くと人によってはこのシーンこんな捉え方する人もいるんだ!という感じで色んな捉え方を楽しめるかと思います、

もちろん通常のネタバレ記事を読んでもう少し内容を詳しく知ってから本編を購入しようかどうか検討したいという方にもおすすめです☆

まだ通常版のネタバレ記事を読んでいないという方は先にそちらを読むことをお勧め致します、

通常版の2話のネタバレ記事はこちら

日に焼けるまで2話ネタバレ【ウチと涼音ちゃんの見せてあげるね】日に焼けるまで2話ネタバレとあらすじ、感想、見どころを紹介しています。 admage_js('https://mobe...

それではディープなネタバレ記事をお楽しみください♪

日に焼けるまで本編は画像↓をタッチ!



日に焼けるまで2話のもっとディープなネタバレ

「ティッシュ!とってきて早くっ」

顔にタケルの精子をかけられてありえないと思っている涼音はその精子を指にとって美味しそうに舐めている愛実とは対照的に
すぐにティッシュで拭きとるためタケルにティッシュを取りに行かせる。

愛実はその間にヒロトの精子を指につけて舐めて味見をしている。

舐めた後は舌をペロッと出して美味しそな笑顔で
「うーん…精〇ってなんか変な味やね♡」と言っている。

ヒロトは自分の精子を舐めた愛実を見てもしかしたら涼音も舐めたいかな?と気づかって
「涼音ちゃんも舐めてみん?」と自分の手についた精子を涼音に近づけて勧めたが、涼音は怪訝な顔をして

「い 嫌よ 汚いっ」と拒否した。

そうしているうちにまな姉はワンピースのスカートの下から中に手を入れ、パンツに手をかけて脱ぎ始めた。

「じゃあ 約束通り今度は…ウチと涼音ちゃんの見せてあげるね」

涼音も制服のスカートの中に手を入れてパンツを脱いでいる。
エロいのはパンツだけ脱いで靴下はそのままだということだ。

さっきまでの格好と何も変わらない服装にノーパンというエロい格好で縁側に座るまな姉とすず姉。

従弟を前に座らせてま〇こを見せようとしているのでスカートを軽く持ち上げて中が見えている。

まだ誰にも見せたことのないまな姉のま〇こがチラ見えしているのだ。

「ふたりともこっちきて…しゃがんでみて」

涼音はノーパンで右足の膝当たりに履いていたパンツが足をくぐってぶら下がっている。

愛実とは対照的に恥ずかしさが勝っているのか無言で従弟の方を見ようとしない。

「……」

呼ばれた二人はまじで従姉のま〇こを今から見たりするのかと少し戸惑いながら返事した。

「う うん…」

従弟二人がそれぞれの従姉の前に座ると、スカートを少し上げて中が見えるようにしてくれる。

どちらもまだ未使用のま〇こ。

美しい姉達のま〇こは他の誰かじゃなく従弟たちにお披露目された。

「えへへ…これ恥ずかしいね涼音ちゃん どうかな…ヒロくんウチのアソコ変じゃない?」

まな姉ははじめてま〇こを他人にじろじろと見られているのでどんな感じに見えているのか気になっている。

「え た たぶん…無修正で見るの初めてだから…」

今まではAVのモザイクがかかった状態でしたか見たことが無かった女の人のオマ〇コ…
しかも従姉のまな姉のオマ〇コを目の前にしてヒロトはゴクリと唾を飲み込んだ。

(これが女の子の…まな姉のオマ〇コ…!
蒸れたミルク?みたいな甘い匂い…)

タケルは涼音のま〇こを見て毛を発見した。

「あっ すず姉毛が生えてる!」

それを言われたすず姉はヒロトの反応をジっとみた。

弟に自分のあそこに毛が生えてるのを知られて恥ずかしいのもあるので反応が気になってしまう。

(姉ちゃんのアソコに毛が…!?)

意外に思っているヒロト。

「ちょっとヒロ…こっち見ないでよ」

「ご ごめん」

(な なんか意外だな…)

「タケちゃんもこっち見たらアカンよ 自分の弟に見られるとか嫌やもん」

「俺だって姉貴の子供マ〇コなんかキョーミねーし!」

「えっ!?なんで知っとるの!?」

まな姉はタケルが自分に毛が履いて無い事を知っていることに驚きつつ、そんな子供ま〇こと言われたことを気にしている。

「ヒロくんはアソコの毛 生えてる子のほうが好きなん?」

「え?いや…僕は…な…無いほうが良いかな」

ヒロトは姉が生えてるからというのもあって少し答えづらそうに言った。

案の定涼音はプイっとそっぽを向き
「ふんっこの歳なら生えてるのが普通よ」
と言う。

「俺は生えてるほうが大人っぽくてエロいと思うけどなぁ」
タケルは涼音のま〇こをじろじろと見ながら涼音のま〇こを好きだと言う。

ヒロトに毛が無いほうが好きと言ってもらえたまな姉は嬉しくなったのか
「えへへ…♡ヒロくん指入れてみてええよ」
と言う。

「…うん」

ヒロトはまな姉のま〇この中にゆっくりと人差し指と中指を入れてみた。

「あ♡あ♡」
まな姉は感じてスカートを持ち上げている手にもぎゅッと力が入っている。

ヒロトはツプンといった感じで入った指をクチュクチュとまな姉のま〇この中で動かしてみている。

「そう その下のほうから…んん♡」

(うわあ…ヌルヌルしてて…温かい!)

「お オレもいいよね!?」
タケルは自分も入れたくなってジュププとすず姉のま〇こに指を入れる。

一気に指を中まで入れるタケルにすず姉は感じて身体をブルブルと震わせている。

「あ ダメ!そんな奥までーんっ」

「おお!すず姉の中…濡れてる!オレのチ〇コ触って興奮してたんだ?」

「ん♡ん♡ん♡ん♡」

チュブチュブと指を動かすタケルの動きに合わせてすず姉は声が出てしまう。

「あはは…すげぇ!中からどんどん汁出てくる!」

「や…ちょ…んっ…あっ……んんっ♡」

(これ…姉ちゃんのアソコの音!?タケルのやつあんな乱暴に…っ!)

ヒロトもまな姉の中に指を入れなからではあるがそっと優しく動かしている。

「ヒロくんももっと奥まで入れていいよ あー♡あ♡あ♡」

まな姉も身体をブルブルと震わせながらもっと奥まで指を入れて欲しがっている。

「そう…そこの裏のとこほじるみたいに動かして…ふあ…あん♡
んん♡これ…人にしてもらうの…自分でするのと♡あ♡ぜんぜん違うね 涼音ちゃん」

(すごい…まな姉の中…狭いのに…指が吸い込まれるみたいに入ってく…!)

タケルに激しく指を動かされているすず姉は快感がとまらずに声を抑えることが出来なくなってきている。

「ん…うん…フー♡フー♡」

(姉ちゃんの気持ちいいんだ…てか姉ちゃんもオ〇ニーとかしたことあったのか!?)
気持ちよさそうな涼音の顔を見てヒロトは考え深く感じている。

タケルは興奮していきなり
「俺…すず姉のマ〇コ舐めたみたい!」
と言ってスカートの中に顔を入れてすず姉のま〇こを舐めだした。

すず姉はタケルの大胆な行動に身体をビクビクさせながら
「えっ!?こら…!誰がそんなことして良いなんて…っっ♡」

ヒロトはそんなタケルの行動を見て
(た タケルのやつ姉ちゃんのアソコを口で!?あんな犬みたいに…!!)
と驚いている。

「すず姉!このちっちゃいチ〇コみたいなの吸っても良い?」
タケルはクリトリスを吸いたいと言い出した。

「あっ♡あっ♡あっ♡」
すず姉はタケルの舌技に感じまくりながら
「ダメ…そこは敏感だから…ひ…っ」
ダメと言いつつも感じている涼音。

(姉ちゃん…あんな顔で感じるんだ…!)
ヒロトは涼音の感じている顔を見ながら思うことが多い。

「涼音ちゃん 気持ちよさそう…ねえヒロくん…ウチにもあれ…して?」
まな姉は涼音の気持ちよさそうな反応をみて自分もして欲しくなっている。

「う うん…!」
ヒロトもまな姉のスカートの中に顔を入れてチュプチュプとま〇こを吸いだした。

「あ♡あ♡あ♡」
指で弄られるのとはまた違った快感にまな姉は声を出して感じている。

「ん”-♡ん”-♡フー♡フー♡」
すず姉は抑えきれない声を出来るだけ小さくするように口を塞いで感じている。

「ああん♡すごいよぉ…♡ヒロくんの舌…気持ちいい♡」
まな姉はヒロトに舐められるのが本当に嬉しそうな顔で喘ぎながら感じている。

「男の子にアソコ舐められるの病みつきになっちゃいそう♡」

(まな姉のオマ〇コ…!しょっぱいけどちょっと桃みたいに甘酸っぱい…)
ヒロトはまな姉のおま〇こをチュプチュプと舐めながら匂いや味を感じている。

「タケ君…やめっ…ん”ん”♡ん”ん”ん”♡」
涼音は手で塞いでいる口から気持ちよすぎて声が出まくっている。

(舐めれば舐めるほど奥から汁が出てくる…)
ヒロトは舐めると変化するまな姉のま〇こをしっかりと感じながらクンニを続ける。

「あん♡ヒロくん♡ヒロくぅん♡」
ヒロくんに舐められているんだ♡というのを名前を呼ぶことで実感して興奮を増すまな姉。

「お願い…もうやめ…それ以上されたら私もう…ああ…ダメ…ダメェ…♡」
涼音はクンニの気持ちよさでイク寸前までに達している。

(これ…姉ちゃんの声?タケル相手にこんな…情けない声を…!?)

涼音はもはや言葉にならない喘ぎ声を出して感じまくっている。
どうやらイったような反応だ。

(姉ちゃん…イかされちゃったのかタケルの口で…!くそ…僕だって…っ)
ヒロトはタケルが涼音をイかせたことに奮起して自分も口で女の人をイかせることが出来ると
見せたいためクンニに気合が入る。

「ひああああん♡♡♡ああぁん♡それ♡そこ吸うのすごい♡ヒロくん♡ヒロくぅん♡」

「ハァハァ…っ…っ」
涼音は絶頂に達していて何も言葉が出なくなっている。

つづく

日に焼けるまで2話のもっとディープな感想

ディープな感想って何?ってことだけど、この記事は「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」の完結の8話まで全部読んでから書いている記事だから、素直に1話から読んでいってまだあとの話を読んでいない状態だとわからないこともわかった状態でもう1度読んだ感想になります。

なのでこの記事は2話のネタバレ感想記事ですが、8話まで読まないとわからないようなことも書いたりするからそういう形でネタバレしてほしくない方は読まないでね♡

1話でチ〇コを手コキで刺激して従弟二人をイカせたまな姉と涼音絵は、今度は自分たちのま〇こを従弟に見せて弄ってもらう♡

まな姉ははじめからヒロトとエッチがしたいからこういう流れを作っているので作戦は順調に進んでいると見える。

ヒロトとタケルのチ〇コの違いもあったが、涼音とまな姉は毛が生えてる生えてないの違いがあった。

まな姉はヒロくんは毛がある女の子と無い女の子どっちがいいと思っているんだろう?
当然気になるところだ。

ヒロくんに聞いたらヒロくんは無いほうがいいかなと言ってくれたので安心して嬉しくなったまな姉。

ヒロくんに興味があるだろうま〇この中に指を入れていいよと勧めるとヒロくんは優しく指を入れてくれた♡

ずっと前から好きだったヒロくんとそれぞれ大きくなってきて、やっとこういうことが出来る歳になってしかもちゃんと念願のエッチな関係になってきている。

片思いしていたヒロくんに指で弄られクンニで舐め回してもらっているまな姉はとんでもない快感を感じている。

まな姉の考えではこのままエッチまでしたい!と思っていると思うが、3話ではエッチ直前でお預けになるから余計に欲求がみんなたまって…

日に焼けるまで本編は画像↓をタッチ!



3話のもっとディープなネタバレ記事もあります♪

日に焼けるまで3話のもっとディープなネタバレ記事 日に焼けるまで本編は画像↓をタッチ! admage_js('https://mobee2.jp/ad', ...